セラピストの資格を取って疲れた現代人を癒そう

勉強

子どもたちの成長を見守る

保育士

ニーズの高い仕事

保育士は、主に0歳から6歳までの乳幼児を預かり、保護者の代わりに子どもたちを保育するという職業です。現在は、結婚や出産後も女性は仕事を続ける人が多く、そのため保育園や保育士の需要は非常に高い状態が続いています。このような需要の高さと、さらに自身も結婚や出産等によって一時的にこの仕事を離れても、資格職とあって再度職につきやすいというメリットがあることから、保育士を目指す人は非常に多くなっているのです。さらに、女性だけでなく男性保育士のニーズも高まってきたことも保育士人気が上昇するきっかけになったと考えられます。保育士として働くには、国家資格が必要です。この国家資格は、保育士を養成する課程がある学校で学ぶか、もしくは国家試験を受験し合格すれば取得できます。最も多くの人が選びなおかつメリットも高いとされるのが、養成課程のある学校で学ぶことです。養成課程がある学校は、大学や短大、専門学校があげられます。これらの学校で必要な課程を修了すれば、国家試験を受けなくとも自動的に国家資格を取得できるのです。このような養成課程のある学校で学んでいない人が保育士になるには、国家試験に合格する道を選択します。保育士の国家試験は年に1回、各都道府県で行われています。ただし非常に難易度が高いとされ、毎年合格率は10%台にとどまっています。このような難易度の高さから、保育士を目指すにはやはり養成課程のある学校で学ぶ方がはるかにメリットが高いといえるでしょう。