セラピストの資格を取って疲れた現代人を癒そう

勉強

幼稚園の先生を目指すなら

勉強

4年で深く教育を学ぶ

幼稚園の先生を目指すなら、幼稚園教諭の国家資格を取得する必要があります。取得方法は、文科省が指定する、大学、短大、専門学校において、幼稚園教諭になるための教育課程を修了しなければなりません。幼稚園教諭の資格には、1種、2種、専修があります。1種は大学卒業、2種は短大、専門学校を卒業、専修は大学院修士課程を修了した人が取得できます。多くの人は、大学、短大、専門学校において、1種、または2種免許を取得しています。1種と2種の違いは、実はほとんどありません。仕事の内容も大きく変わることはありませんし、2種だからといってできない仕事があるというわけではありません。短大は2年で卒業できるので、早く職場で働きたいという人には向いているといえます。では、幼稚園教諭の資格を取るために大学が選ばれているのはどのような理由があるからでしょう。ひとつは、大学に通う4年間で、幅広く、より深く、教育に関することを学べるということです。2年という差は、やはり学ぶ量が異ってくるので、勤務する幼稚園によっては、給料面などで少し差が出ることがあります。また、勤務が長くなると、上の立場に立てる可能性が高くなります。将来、園長レベルの立場を目指したいなら、大学で深く教育を学んでおく方が有利といえます。どの教育機関で学び、幼稚園教諭の免許を取得するのか、迷った場合は将来的にどのように働きたいか考えてみることがおすすめです。