セラピストの資格を取って疲れた現代人を癒そう

女の人

効率的に学びたいなら

保育系の大学では卒業と同時に保育士の資格を取得する事が出来るので非常に効率的です。効率的なだけでなく、4年間と言う短大や専門学校と比べて、長い期間の中で多様な価値観を身につけた上で保育士として働いていく事が出来るのも魅力と言えるでしょう。

癒しを与える仕事

女性

活用の場は様々

セラピストとは、広義には癒しを与える仕事全般をさします。セラピーとは、治療、療法と訳され、心理学や精神医学的なセラピーもあれば、アロマによるセラピーもあります。ユニークなところでは動物によるペットセラピーなどもあり、活用の場は様々です。セラピストの資格は、セラピーの内容により様々なものがあります。多くの資格は民間資格ですが、臨床心理士などをセラピストに含めるのならば国家資格も存在します。セラピストとして活躍するときに資格は必須なわけではありません。しかし、資格を持っていることで、知識と技術の裏付けとなるため、なるべく取得しておいた方がよいでしょう。とるのならば、なるべく公的機関に近い大手の団体が主催するものをとっておく方がおすすめです。セラピストは、現代の日本では主に癒しの場面で活用されています。よく知られているのがアロマによるセラピーで、マッサージや整体、美容院、エステなどと組み合わせて提供されることが多いです。他には、老人ホームでの慰労や、病院の入院患者への訪問などに利用されています。海外では医療分野への活用も進んでおり、徐々に日本でも活用され始めています。現在は主に精神科や心療内科などの分野で、リラックスの目的で活用されています。研究がすすみ実績が増えてくれば痛みの緩和や治療効果の促進などの目的で活用する医療機関も増えてくるでしょう。また、病気になる前の段階から利用することで予防医学的に使われることもあります。

子どもたちの成長を見守る

保育士

仕事を持つ女性が増えたこともあって保育士は非常に需要が高い職業です。また資格職とあって再就職がしやすいというメリットもあります。保育士になるには養成課程のある学校で学ぶか国家試験を受験して合格することが求められます。養成課程のある学校で学べば課程修了することで自動的に資格が得られるというメリットがあります。

幼稚園の先生を目指すなら

勉強

幼稚園教諭の免許を取得する方法は、文科省が指定する大学、短大、専門学校で教育課程を修了するというものです。大学が選ばれている理由としては、4年の間で教育に関することを幅広く、より深く学ぶことができるからです。